2018年 10月 18日 (木)

東芝、最終赤字5500億円に 過去最大 16年3月期

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   不正会計問題を起こした東芝は、未定としていた2016年3月期の連結最終損益(米国会計基準)が5500億円の赤字(前期は378億円の赤字)になる見通しであることを、2015年12月21日に発表した。赤字額はリーマン・ショックがあった2009年3月期の3988億円を上回り、過去最大となる。

   売上高は前期比7%減の6兆2000億円。営業損益は3400億円の赤字(前期は1704億円の黒字)になる見通し。16年3月期の年間配当は無配とする。前期は中間配当のみの4円だった。

   新たなリストラ策として、テレビや家電部門を中心に抜本的な構造改革を行い、それに伴い国内外の約7800人を削減する。国内外の拠点の再編や人員削減による構造改革費用は2300億円にのぼる。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...