2018年 10月 23日 (火)

ノーベル賞大村教授の「イベルメクチン」 胆管がん抑制効果も

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   2015年のノーベル医学・生理学賞を受賞した北里大の大村智特別栄誉教授が開発した「イベルメクチン」について、九州大生体防御医学研究所の鈴木聡教授らの研究グループは、胆管がんを抑制する効果があることをマウス実験で確認したと発表した。2015年12月21日付の米科学アカデミー紀要(電子版)に掲載された。

   胆管がんは肝臓がんの一種で、有効な治療法がない。今年9月に亡くなった女優の川島なお美さんも胆管がんだった。

   大村教授のノーベル賞受賞では、イベルメクチンが、寄生虫による感染症の治療薬として多くの人の命を救っただけでなく、犬の感染症にも効果を発揮して寿命も伸ばしたと、世界中から称賛されている。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...