2018年 8月 20日 (月)

魚油が脂肪を燃やす仕組み判明 DHAとEPAが悪玉脂肪を善玉に

印刷

   魚油を多くとると太りにくくなるメカニズムを京都大の河田照雄教授らのグループが解明して、2015年12月17日付の英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」(電子版)に発表した。

   魚油にはDHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペタエン)が含まれており、体内に入ると体脂肪を燃焼することは知られていたが、詳しい仕組みはわかっていなかった。研究チームは、DHAとEPAを加えた高脂肪のエサをマウスに10週間与え、高脂肪のエサだけを10週間与えたマウスと比較した。

   すると、DHAとEPAを食べたマウスは、内臓脂肪が15~25%減る一方、「褐色脂肪細胞」という体脂肪を分解して熱に変える細胞が増えていた。DHAとEPAが交感神経の活動を活発化させ、神経伝達物質のノルアドレナリンを放出させる。そして、ノルアドレナリンが脂肪をため込む悪玉の白色脂肪細胞を善玉の褐色脂肪細胞に変えてしまうという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中