2018年 10月 18日 (木)

「天才の遺伝子」存在するのか 「IQ170以上」と「普通人」を比較研究

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   レオナルド・ダ・ヴィンチやアインシュタイン......。天才たちの知性はどうやって生まれるのか。環境か遺伝か。やはり生まれつきの「天才になる遺伝子」があるのだろうか。この謎を解き明かす研究を、英ロンドン大学キングス・カレッジのチームがまとめて、2015年12月、英の精神医学会誌に発表した。

   従来の研究では、「卓越した知性」と「通常の知性」の間では脳の大きさなどには変わりがないことがわかっている。そこで、研究チームは、ゲノム(染色体のDNAの全遺伝情報)の中に天才特有の遺伝子があるのか、ないのかを突きとめるために、「IQ170以上」の1409人のゲノムと、「普通のIQ」の3253人のゲノムとを比較した。「IQ170以上」は全人口の0.03%、1万人に3人という限られた頭脳の人たちだ。ノーベル賞受賞者の平均IQは「145」といわれる。

   その結果わかったのは、「天才の遺伝子」は存在しないということだ。高度な知性をもつ人々と、普通の人々との間のあらゆる遺伝情報の差を調べたが、すべて個人差の範囲内で、特別に共通な遺伝子は見つからなかったという。

   研究チームのティモシー・スペクター博士は「これまで不幸なことに、知性については生まれつきの遺伝が影響して、運命はさけられないと考えられてきましたが、環境が大事であることがわかりました」と語っている。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...