2018年 8月 18日 (土)

「天才の遺伝子」存在するのか 「IQ170以上」と「普通人」を比較研究

印刷

   レオナルド・ダ・ヴィンチやアインシュタイン......。天才たちの知性はどうやって生まれるのか。環境か遺伝か。やはり生まれつきの「天才になる遺伝子」があるのだろうか。この謎を解き明かす研究を、英ロンドン大学キングス・カレッジのチームがまとめて、2015年12月、英の精神医学会誌に発表した。

   従来の研究では、「卓越した知性」と「通常の知性」の間では脳の大きさなどには変わりがないことがわかっている。そこで、研究チームは、ゲノム(染色体のDNAの全遺伝情報)の中に天才特有の遺伝子があるのか、ないのかを突きとめるために、「IQ170以上」の1409人のゲノムと、「普通のIQ」の3253人のゲノムとを比較した。「IQ170以上」は全人口の0.03%、1万人に3人という限られた頭脳の人たちだ。ノーベル賞受賞者の平均IQは「145」といわれる。

   その結果わかったのは、「天才の遺伝子」は存在しないということだ。高度な知性をもつ人々と、普通の人々との間のあらゆる遺伝情報の差を調べたが、すべて個人差の範囲内で、特別に共通な遺伝子は見つからなかったという。

   研究チームのティモシー・スペクター博士は「これまで不幸なことに、知性については生まれつきの遺伝が影響して、運命はさけられないと考えられてきましたが、環境が大事であることがわかりました」と語っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中