2018年 8月 20日 (月)

子どもの毛染めに注意 染毛剤が接触皮膚炎引き起こす恐れ

印刷

   消費者庁は、2015年12月3日付で配信した「子ども安全メールfrom消費者庁」で、安易な子どもの毛染めをやめるよう注意を促している。

   子どもの皮膚は未熟で、化学物質の影響を受けやすいといわれている。メールでは、特にヘアカラーリングの中で最も広く使われている「酸化染毛剤」が、ほかのカラーリング剤と比べてアレルギー性接触皮膚炎を引き起こしやすい酸化染料が含まれていると指摘した。

   「子ども安全メールfrom消費者庁」は、主に0歳から小学校入学前の子供の思わぬ事故を防ぐための注意喚起情報を、週1回提供している。なお同庁消費者安全調査委員会では10月23日に、「毛染めによる皮膚障害」に関する事故等原因調査報告書を公表。毛染めによる皮膚障害の事例が毎年200件程度、同庁事故情報データバンクに登録されていると報告した。これを受けて日本皮膚科学会では11月10日付で、毛染めによる皮膚障害が疑われる場合は「パッチテスト」を実施した上で診察を受けて欲しいとウェブサイトで呼びかけた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中