2018年 10月 21日 (日)

子どもの毛染めに注意 染毛剤が接触皮膚炎引き起こす恐れ

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   消費者庁は、2015年12月3日付で配信した「子ども安全メールfrom消費者庁」で、安易な子どもの毛染めをやめるよう注意を促している。

   子どもの皮膚は未熟で、化学物質の影響を受けやすいといわれている。メールでは、特にヘアカラーリングの中で最も広く使われている「酸化染毛剤」が、ほかのカラーリング剤と比べてアレルギー性接触皮膚炎を引き起こしやすい酸化染料が含まれていると指摘した。

   「子ども安全メールfrom消費者庁」は、主に0歳から小学校入学前の子供の思わぬ事故を防ぐための注意喚起情報を、週1回提供している。なお同庁消費者安全調査委員会では10月23日に、「毛染めによる皮膚障害」に関する事故等原因調査報告書を公表。毛染めによる皮膚障害の事例が毎年200件程度、同庁事故情報データバンクに登録されていると報告した。これを受けて日本皮膚科学会では11月10日付で、毛染めによる皮膚障害が疑われる場合は「パッチテスト」を実施した上で診察を受けて欲しいとウェブサイトで呼びかけた。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-salon.png
【初心者大歓迎】アナログゲームイベント開催決定!

脳の普段使わない部分が活性化される感覚を味わう。初めて会う人とも盛り上がり、ついつい声まででてしまう。そんなアナログゲームの楽しさを体験しに来てください!

PR 2018/10/19

姉妹サイト
    loading...