2020年 1月 19日 (日)

「二宮の腕つかんだ!」生放送1時間後に人物特定、突撃開始 嵐ファン「怨念」ネットで大暴走

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   クリスマスの夜、嵐ファンの「怨念」が爆発する騒ぎが起きていた。

   嵐が生出演した音楽特番で観覧女性の1人が二宮和也さん(32)の腕をつかんだため、放送を見ていたファンが激怒。女性のものとみられるツイッターアカウントを特定し、突撃を開始した。

  • 一瞬の出来事がファンの間で大騒動に
    一瞬の出来事がファンの間で大騒動に

罵詈雑言の集中でアカウント削除

   嵐は2015年12月25日の「ミュージックステーション スーパーライブ2015」(テレビ朝日系)に生出演し、スペシャルメドレーを披露した。

   1曲目「愛を叫べ」の前奏中に前方ステージから中央ステージへの移動があり、メンバーが階段を降り始めると、観覧エリアからは一斉に黄色い声が上がった。

   通路の両サイドを固める女性陣はこぞって手を伸ばし、メンバーの手や体に触れている人もいた。そうした中、生放送を見ていた嵐ファンの激しい怒りを買ってしまった女性がいた。

   サンタクロースのコスプレに身を包んだこの女性は、触れるだけでなく、先頭を歩く二宮さんの右腕を「ガシッ」とつかんだのだ。一瞬の出来事だったが、テレビにはっきりと映っていたこともあり、ツイッター上には「許さない」「なにこいつまじで」「常識なさすぎ」「マジ最低マジ最低マジ最低」といった厳しい声が相次ぐこととなった。

   その後もファンの怒りは収まらず、ツイッターアカウントの「特定作業」が始まり、ものの1時間程度で本人とされるアカウントが「発見」されたと告げられ、そこに向けて罵詈雑言が送りつけられるようになった。

   腕をつかんだ女性と、このアカウントの人物が同一人物という確証はないが、結果的に、アカウントは削除に追い込まれた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中