2019年 12月 12日 (木)

「フラッシュの嵐、みんなに体験してほしかった」 乃木坂・生駒里奈、仲間と一緒に「2回目の紅白」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   大晦日恒例のNHK紅白歌合戦のリハーサルが2015年12月29日、東京・渋谷のNHKホールで始まった。この日は本番用の衣装を着ずに行う「音合わせ」と呼ばれる段階で、午前中は初出場の大原櫻子さん(19)、乃木坂46などがステージ上に姿を見せた。

   乃木坂46は、代表曲「君の名は希望」(13年発売)を披露。センターポジションを務める生駒里奈さん(20)は、14年の紅白にもAKB48のメンバーとして出場している。写真撮影のフラッシュの激しい勢いにさらされながら、「みんなに体験してほしかった。この嵐を」と笑顔で話し、乃木坂46のメンバーと迎える「2回目の紅白」を喜んでいた。

  • 乃木坂46のメンバーからは「人生でこんなにフラッシュ浴びたの初めて」といった声が次々にあがった
    乃木坂46のメンバーからは「人生でこんなにフラッシュ浴びたの初めて」といった声が次々にあがった
  • 乃木坂46は代表曲「君の名は希望」を披露する
    乃木坂46は代表曲「君の名は希望」を披露する
  • 11月の会見では生駒さん(右)は大粒の涙を流した。左側は桜井玲香さん
    11月の会見では生駒さん(右)は大粒の涙を流した。左側は桜井玲香さん

14年は乃木坂落選、AKBのメンバーとして初出場

   乃木坂46は、14年の紅白ではスポーツ紙に「出場内定」と報じられたが結局は落選し、涙を飲んだ経緯がある。ただ、当時「交換留学生」として乃木坂46とAKB48を兼任していた生駒さんはAKB48のメンバーとして初出場を果たしていた。当時の囲み取材では記者から、

「乃木坂のメンバーからは、どうやって送り出されたんですか?」
「やっぱりエール送ってくれた、皆さん?」

といった厳しい質問も飛び、生駒さんは

「『ちゃんと頑張ってきてね!』って言ってもらいました。みんな温かく送り出してくれました」

と困惑しながら答えていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中