2018年 8月 22日 (水)

理研、アジアで初めて113番新元素を発見 命名候補に「ジャポニウム」

印刷

   理化学研究所は2015年12月31日、作製に成功した113番目の新元素の命名権を獲得したと発表した。化学者らで構成される国際機関「国際純正・応用化学連合」(IUPAC)に、理研のグループが113番の元素を発見したと認められた。物質を形作る基本的な要素となる元素の発見は日本初で、アジアでも初めて。

   グループの代表を務めるのは九州大学の森田浩介教授で、03年9月から加速器で亜鉛の原子核を重金属のビスマス原子核に衝突、核融合させる実験を繰り返し、04年9月に初めて113番元素を作りだした。

   理研が命名する元素名は、教科書にある元素の周期表に水素や酸素と同じように記載される。名前は「ジャポニウム」などが候補に挙がっているという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中