2018年 8月 21日 (火)

ひじきの鉄分は調理器具によって激減 「食品成分表」15年ぶり改訂

印刷

   食品の栄養成分をまとめた「日本食品標準成分表」(食品成分表)が15年ぶりに改訂され、文部科学省が2015年12月25日に公表した。

   食品成分表は、100グラム当たりの成分の含有量やカロリーが示されたもの。改訂では、前回と比べて約300の食品が追加されて合計2191品目と過去最多となり、新たに炭水化物成分表が作成された。

   表示が大きく変わったのがひじきだ。100グラム当たりに含まれる鉄分の量は、これまで55ミリグラムと表示されていたが、今回6.2ミリグラムと大幅に減った。ひじきを鉄釜で調理した場合は鉄分が100グラム当たり58.2ミリグラム含まれていたが、ステンレス鍋を使うと6.2ミリグラムになると判明。このため調理器具ごとに、含まれる鉄分の量が記載される。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中