2018年 8月 14日 (火)

健康寿命120歳の時代来るか 「アンチエイジング薬」米で臨床試験

印刷

   糖尿病の治療薬として知られる「メトフォルミン」が、健康寿命を延ばす可能性があるとして研究が進んでいる。

   過去の研究では2013年、ベルギーの研究者による線虫を使った実験で、その老化を遅らせて健康な状態を維持しつつ長生きさせられることが分かった。同年、米国立衛生研究所ではマウス実験で、健康寿命が延びたと発表している。

   2015年11月には米食品医薬品局(FDA)が、メトフォルミンのヒトでの臨床試験を認めた。成果が出れば、加齢そのものを遅らせて病気の予防につなげる可能性が期待できるかもしれない。効果があがれば、健康寿命が120歳まで延びるとの予測も出た。2016年が「アンチエイジング薬元年」となるか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中