2018年 9月 25日 (火)

東京株式市場、大発会は582円安 中国経済を不安視

印刷

   大発会を迎えた2016年1月4日の東京株式市場は日経平均株価が、前営業日に比べて582円73銭(3.06%)安の1万8450円98銭と大幅反落した。15年末の米株安が相場の重荷となったほか、中国製造業購買担当者景気指数(PMI)の低調を受けて中国・上海株式相場が大幅に下落したことが市場心理の悪化に拍車をかけた。サウジアラビアによるイランとの外交関係断絶の発表を背景に、原油価格の先行き不透明感が強まっていることもある。運用リスクを回避するための売りが相次いだ。

   世界的な株安の様相で、中国・上海証券取引所では取引をいったん中断する「サーキットブレーカー」を発動した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中