VW16年ぶり首位陥落 15年の輸入車販売台数

印刷

   日本自動車輸入組合が2016年1月8日に発表した15年の外国メーカー車の輸入販売台数で、ドイツのフォルクスワーゲン(VW)が16年ぶりに首位から陥落し、2位になったことが分かった。

   VWは、前年比18.8%減の5万4766台。排ガス規制逃れ問題でのイメージ悪化により、9月以降の販売台数が減少したことが響いたとみられる。

   1位はドイツのメルセデス・ベンツで、前年比7.1%増の6万5162台だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中