2019年 11月 19日 (火)

「不倫騒動」で次々スポンサー離れ ベッキーの芸能人生、終わったのか

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   タレントのベッキーさん(31)と人気バンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル、川谷絵音さん(27)の不倫交際騒動の影響がさっそく出始めた。ベッキーさんが出演するCMについて、事実上の打ち切りを決める企業が次々出てきたのだ。

   緊急会見では「友人関係」を強調したベッキーさんだったが、スポンサー離れは避けられなかったようだ。芸能評論家も当面の仕事については厳しい見方を示す。

  • 不倫交際騒動でベッキーさんの今後は?(写真は2009年撮影)
    不倫交際騒動でベッキーさんの今後は?(写真は2009年撮影)

公式サイトのCM出演情報が空欄に

   「週刊文春」電子版がスキャンダルを報じた2016年1月6日夕以降、CM契約を結んでいる10社は、それぞれ対応に追われることとなった。

   スポーツ各紙のこれまでの報道をまとめると、「太田胃酸」はベッキーさん出演CMを別製品のCMに切り替えることを決定。契約は3月までだが、再開の見通しは立っていないといい、事実上の打ち切りとなる。

   入浴剤のCMに起用している「花王」は、当初の予定どおり1月中旬で放送を終了。CM放送を継続する「NTT都市開発」も予定通り1月末で契約を終了するという。「ローソン」と「損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険」は検討中とのことだ。

   こうした状況を受けてか、7日までベッキーさんの公式サイトに掲載されていたCM出演情報は、8日夕時点で空欄となっている。

   今後の芸能活動はどうなっていくのか。芸能評論家の肥留間正明氏は「相当厳しくなるでしょう。いばらの道が待っている」と話す。

「彼女は女優業や歌手業で成功しているわけではなく、いわばイメージのみで売っているCMタレント。スポンサー対策として建前の会見は行ったものの、従来の清純なイメージは一気に崩れた。今後はCM出演も非常に少なくなり、一時的に低迷することは間違いない」

   ベッキーさんクラスのタレントの場合、CM契約料は半年で1本3000~5000万円という。大黒柱のCM仕事の激減は、事務所にとっても大きな痛手だろう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中