NHKアナウンサー、危険ドラッグ所持で逮捕

印刷

   NHKは2016年1月11日、東京アナウンス室所属のアナウンサー、塚本堅一(つかもと・けんいち)容疑者(37)が逮捕されたと発表した。発表によると、塚本容疑者は東京都文京区の自宅で危険ドラッグを所持していたとして、厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部が1月10日に薬品医療機器法違反の容疑で逮捕した。

   NHKのウェブサイトによると、塚本容疑者は夕方のニュース番組「ニュース シブ5時」 でリポーターを務めていた。

   NHKは

「職員が逮捕されたことは誠に遺憾であり、視聴者の皆さまや関係者に深くお詫びいたします。事実関係を調べたうえで、厳正に対処します」

とするコメントを出した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中