東京都心で昨年より29日遅い初雪を観測

印刷

   東京都心での初雪が2016年1月12日の午前3時55分ごろに観測されたと日本気象協会が発表した。平年より9日遅く、15年より29日遅い初雪となった。

   関東地方を気圧の谷が通過する中で湿った空気が流れ込んだためで、12日の都心の最高気温は7度と予想されていて、今後も真冬らしい寒さが続くという。また横浜市も12日午前5時50分ごろに初雪が観測され、平年よりも5日遅く、15年より18日遅くなっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中