2019年 12月 10日 (火)

ASKA、覚醒剤事件をブログに「10万字」、すぐ削除 本人の「現状」と復帰めぐる憶測ネットで乱れ飛ぶ

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   男性デュオ「CHAGE and ASKA」のASKAさん(57)が、有罪判決を受けた覚醒剤事件についてブログに長文をアップし、すぐに削除されたことで、大きな波紋を広げている。

   「今回、私には何があったのか、どうしてそうなったかをお伝えしようと思いました」。ASKAさんはブログの冒頭、事件について謝罪したうえで、こう書き始めた。事件では、2014年9月に覚醒剤取締法違反の罪などで懲役3年、執行猶予4年の判決を受け、判決が確定している。

  • 公式サイトには動きがなく
    公式サイトには動きがなく

「盗聴・盗撮の被害に遭っている」と訴え

   ASKAさんは当初は、本にするつもりだったらしく、ブログは、20章にわたり、10万字近く書き込んでいた。2016年1月9日夜にアップされた後、数時間後の翌10日未明に削除されたが、12日夕時点では、キャッシュがまだ残っている。

   それによると、ASKAさんは、1996年に招かれたロンドンのライブ後にクラブに行ったとき、薬のことを知った。ある男から「エクスタシー」と呼ぶ白い錠剤を勧められ、ASKAさんも試しに飲んだ。非合法ドラッグのMDMAのことで、ASKAさんはその体験を「体が軽くなってフワフワ」「脳に掛けてあった鎖が外れた」と表現している。

   その後、しばらくドラッグに関わることはなかったというが、あることがきっかけで心が弱った感じに悩まされるようになった。

   それは、タレントの故・飯島愛さんや自殺した女友達がネットストーカーによる盗聴・盗撮の被害に遭っていると、ASKAさんに訴えたことだった。ASKAさんも、ストーカーを突き止めようとパソコンに向かっていたところ、ASKAさんが電話で話したことなどがネットに書き込まれていると信じるようになった。「誰かに監視されている」と思い、部屋で大声を出すと、ゲーム会社にサンプリングされてゲームに使われたとも主張している。

   そして、2010年になって、暴力団関係者の男に薬を求めるようになり、覚醒剤にまで手を出すようになったという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中