2018年 8月 18日 (土)

鹿児島市の強姦事件、2審で男性に逆転無罪判決

印刷

   強姦罪に問われた鹿児島市の男性被告(23)に対する控訴審判決で、福岡高裁宮崎支部は2016年1月12日、懲役4年とした一審判決を破棄し、無罪を言い渡した。

   この事件は12年10月、鹿児島市の路上で被告が当時17歳の女性に乱暴したというもの。被告は無罪を主張したが、鹿児島地方裁判所は実刑判決を言い渡した。男性が控訴し、高裁宮崎支部がDNA鑑定をしたところ、女性から男性とは別人のDNAが検出されたため、14年3月に男性は保釈され、今回の逆転無罪判決となった。1審でもDNA鑑定が行われようとしたが、鹿児島県警科学捜査研究所は被害者の体に付着していた体液の量が少なくDNA鑑定は不可能だとする報告をしていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中