2021年 1月 22日 (金)

米ドジャース、前田健太への「意外な評価」 広島に残ったほうが年棒高かった?

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

「中4日」ローテーション対応がカギ

   日本で投げていた投手はベスト状態で開幕を迎える調整をする。ところが大リーグは徐々に調子を上げ、夏場のベストを目指していく。そうしないと1シーズンを投げ抜くことができないからである。

   それをやってのけた日本人投手は、最近では14年のヤンキース時代の黒田博樹(広島)だった。先発陣でただ一人、年間ローテーションを守り抜いた。

「(中4日には)しっかり調整して対応したい。コーチと相談してなんとかクリアしたいと思っている」

   前田の決意である。現時点では、先発陣の右腕は前田一人。3番手としての登板予定だ。(敬称略 スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中