世界最高齢の男性が死去 名古屋市在住、112歳

印刷

   世界最高齢の男性としてギネス世界記録に認定されていた名古屋市守山区の小出保太郎さんが2016年1月19日、名古屋市内の病院で死去した。112歳だった。各紙が報じている。

   小出さんは1903年生まれ。15年8月に英国のギネス・ワールド・レコーズから、存命する男性の世界最高齢と認定されていた。小出さんの死去により、国内最高齢の男性は、東京都在住の吉田正光さん(111)となった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中