2018年 12月 15日 (土)

ウォーキングの歩数が多いほど記憶力が良くなる

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   ウォーキングの歩数が多いほど記憶力が向上することが、米ボストン大の研究でわかり、米の精神医学誌「JINS」2015年11月19日号に発表された。よく運動を習慣にして体を積極的に動かす生活を続けると、認知症予防になるといわれるが、実際にどの程度、記憶力に影響するかはわかっていなかった。

   そこで研究チームは、18~31歳の若者29人と55~82歳の中高年者31人を対象に実験を行った。参加者は腕時計タイプの活動量計をつけ、1日の歩数、歩行速度、歩行時間を測り、認知能力のテストを受けた。テストは、行動を計画して管理する能力や、長期的、短期的な記憶力などをみる内容だった。

若者は変わらないが、高齢者にははっきり差が出た

   その結果、若者グループは、歩数による認知能力の差はほとんどなかったが、中高年グループでは、はっきりと差が出て、歩数が多いほどテストの成績がよくなった。特に記憶力での影響が大きく、最も差が出たのは、顔写真と名前を結びつける短期的な記憶力を測るテストだ。

   今回の結果について、スコット・ヘイズ同大医学部教授は「高齢者では、ウォーキングが記憶力の向上にいい影響を与えることが確認できました。歩数が多いほど脳にいいとわかれば、毎日の運動がもっと楽しくなるでしょう。重要なのは、運動習慣がどんな治療薬よりまさる特効薬だということです」と語っている。

iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中