2018年 7月 22日 (日)

2015年のスーパー売上高、19年ぶり増 食料品伸びる

印刷

   2015年のスーパー売上高(既存店ベース)は前年比0.7%増の13兆1682億円となり、1996年以来19年ぶりにプラスに転じた。日本チェーンストア協会が2016年1月21日に発表した。消費税の増税の影響が一巡したことに加えて、賃金や雇用情勢など国内の消費環境が改善したことで、食料品が2.5%増と伸びた。

   食料品は、働く女性の増加などを背景に総菜が好調だったほか、農産品や畜産品の相場高もあって伸長した。

   日本チェーンストア協会の井上淳専務理事は、「多少値段が高くても自分にあっていると思えば買う動きも出てきた」と、消費動向を分析した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中