2018年 10月 16日 (火)

4月以降もバター不足、業界団体が見通し

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   酪農・乳業の業界団体「Jミルク」は2016年1月27日、16年度もバターの供給が需要を下回り、バター不足になるとの見通しを発表した。16年度のバターの国内生産量は前年度と比べて0.7%少ない約6万6700トンとなる見通しで、前年度並みの約7万4800トンの見込み需要に対して約8200トン不足するとしている。

   バターの不足が続いているのは、酪農家の減少で原料となる生乳(搾ったままの牛乳)の生産が減り続けているため。生乳の生産量は前年度に比べて0.6%少ない約737万トンを見込んでいる。そのうえ、鮮度が求められる牛乳や生クリーム向けに優先的に回されていることもある。

   この見通しと乳業メーカーのバターの在庫量を踏まえて、農林水産省は27日、必要な供給量を確保するため、16年度はニュージーランドなどから7000トンのバターを輸入すると発表した。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...