2018年 11月 19日 (月)

東芝、16年3月期は7100億円の最終赤字に

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   東芝は、2016年3月期の連結最終損益(米国会計基準)が7100億円の赤字(前期は378億円の赤字)になる見通しになると、2016年2月4日に発表した。家電事業や半導体事業で構造改革費用が増加するのに加えて、電力・社会インフラ部門などで採算が悪化。従来予想していた5500億円の赤字から、さらに赤字幅が拡大する。

   売上高の予想は前期比7%減の6兆2000億円で据え置いたが、営業損益は4300億円の赤字(前期は1700億円の黒字)と、赤字幅は従来予想から900億円拡大する見通し。

   同時に発表した15年4~12月期の連結決算は、売上高が6%減の4兆4216億円、営業損益は2295億円の赤字(前年同期は2017億円の黒字)、最終損益が4794億円の赤字(1072億円の黒字)だった。

転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中