2019年 11月 20日 (水)

明石家さんま「テレビ局、ホンマ助かってる」 年明けから特大ネタ続出に「本音」吐く

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   年明けからまだ1か月余りというのに、1年分のニュースが出尽くしてしまったような印象だ。特大級の芸能ネタが次々に飛び出し、世間話には事欠かない。

   テレビ局の視聴率稼ぎにも大いに貢献していることだろう。明石家さんまさんは、ラジオ番組の中でそんなテレビ局の本音に触れつつ、斬新な案を持ち出した。

  • テレビ局では嬉しい悲鳴?(画像はイメージ)
    テレビ局では嬉しい悲鳴?(画像はイメージ)

高視聴率の利益は「寄付」すべき?

   さんまさんは2016年2月6日放送のMBSラジオ「ヤングタウン土曜日」で、「もう一般社会では、この1月、2月はニュースみたらずーっと雑談に退屈しない出来事があって、この年なんか激動な感じがするよね」と切り出した。

   タレントのベッキーさんと人気バンド「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音さんの不倫交際騒動に始まり、翌週には国民的アイドル「SMAP」の解散&分裂問題が発覚。2月頭には元プロ野球選手・清原和博容疑者が覚醒剤所持の疑いで逮捕された。インパクトは弱まるが、お笑いタレント・狩野英孝さんの二股疑惑も浮上した。

   芸能界以外でも、野々村竜太郎元兵庫県議の初公判、STAP細胞論文著者の小保方晴子氏の手記出版...と、テレビが飛びつきそうなエンタメジャンルに分類されるニュースが次々に報じられてきた。

   さんまさんは「本人達は大変だったり、残念だったりするような出来事はいっぱいあるけど」と当事者たちの心労は理解しつつも、「テレビ局なんかホンマ助かってるワケやんか、実はこういうすごいニュースがあると...」とテレビ局側の本音に触れた。その上で、

「テレビ局で(話題のネタを)扱って、スゴい数字(視聴率)が出た場合は、テレビ局がどっかに何かを払うべきだと思うで。個人(当事者たち)に払うわけにもいかへんから、寄付にまわすとか...そっちにした方が丸く収まると思うな」

と、大胆な提案をしてみせた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中