2021年 9月 25日 (土)

AKB、5年半ぶり新公演 メンバーが感謝を捧げたアノ人

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   AKB48の小嶋陽菜さん(27)や横山由依さん(23)らが所属する「チームA」の新公演が2016年2月10日、東京・秋葉原のAKB48劇場で初日を迎え、それに先だって行われたリハーサルが報道関係者に公開された。AKBに新公演が書き下ろされるのは約5年半ぶり。

   公演のタイトルは「M.T.に捧ぐ」。「M.T.」とは、15年いっぱいでAKB48としての実質的な活動を終えた高橋みなみさん(24)のことを指す。クライマックスでは、背景のスクリーンに高橋さんの姿を大きく映し出す演出が展開された。横山さんは「どこかで見てくれているであろうM.T.のことを思って歌わせてください」と曲を紹介し、半ば高橋さんの「神格化」が進んでいるかのような様子をうかがわせた。

  • スクリーンには高橋みなみさんの姿が大きく映し出された
    スクリーンには高橋みなみさんの姿が大きく映し出された
  • スクリーンに映る高橋みなみさんを見つめる横山由依さん(右)
    スクリーンに映る高橋みなみさんを見つめる横山由依さん(右)
  • HKT48と兼任する宮脇咲良さんは複数の曲でセンターを務めた
    HKT48と兼任する宮脇咲良さんは複数の曲でセンターを務めた
  • 新公演には「チームA」の18人が出演している
    新公演には「チームA」の18人が出演している
  • スクリーンには高橋みなみさんの姿が大きく映し出された
  • スクリーンに映る高橋みなみさんを見つめる横山由依さん(右)
  • HKT48と兼任する宮脇咲良さんは複数の曲でセンターを務めた
  • 新公演には「チームA」の18人が出演している

「どこかで見てくれているであろうM.T.のことを思って」

   「チームA」のうちメンバー18人が出演し、アンコール含めて全17曲を約2時間かけて披露した。全曲が新曲で、衣装も新調。照明をはじめとする舞台装置も強化された。アンコール前の最後の楽曲で、公演と同じタイトルの「M.T.に捧ぐ」がクライマックスだ。横山さんは曲紹介で、公演が成り立っていることを「初期メンバーの皆さん、そしてたくさんの先輩がいてくださったおかげ」だとした上で、とりわけ高橋さんに対する感謝を強調した。

「その中でも、リーダー的存在であったM.T.は、ファンの皆さんと向き合い、私たちを支え、スタッフの方と語り合って、AKB48をここまで大きくしてくれました。私たち後輩は、そのM.T.の情熱を風化させることなく、これから、もっと前に進んでいきたいと思います。それでは、どこかで見てくれているであろうM.T.のことを思って歌わせてください」

   曲が始まると、高橋さんが後輩を叱咤激励する様子が中央のスクリーンに次々に映し出された。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中