2018年 10月 15日 (月)

東京都の14億円「広報番組」 都民の7割以上「知らない」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   東京都が年間約14億円を費やして制作する広報番組について、都民の7割以上が「知らない」と答えていることが、2016年2月10日に発表された外部監査報告書で明らかになった。

   東京都監査事務局の「平成27年度包括外部監査報告書」によると、都の広聴広報課は2014年度に約14億1300万円を投じて9つのテレビ・ラジオ番組を制作。そのうち、「どうする?東京」(TOKYO MX)、「すけっち」(テレビ東京)など4番組はゴールデン・プライムタイム(19:00 - 23:00)に放送された。

   しかし、都が14年度に行ったアンケートの結果では、都民の7割以上が全ての番組について「知らない」と回答。番組ごとの視聴・聴取率も最高で4.8%、最低は0.2%だった。監査人は「このような番組については、効率性・経済性の観点から、撤退を含む抜本的な改革を講じるべき」としている。

ビジネスパーソン必修
保阪正康の考える「ありえた日本」とは? 特別講演を開催!

J-CASTニュースに「不可視の視点」を連載中の保阪正康さんを迎え、歴史にあえて「イフ(if)」を持ち込むことで、多様な角度から明治150年を読み解き、じっくり語る講演会です。 場所は東京・駒込にある東洋学の専門図書館「東洋文庫」にある「モリソン書庫」。圧倒的な書物に囲まれた空間で、アカデミックな夜のひとときを。

PR 2018/9/26

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...