2018年 12月 10日 (月)

芸能人のようだった披露宴、自宅でのテレビ取材... 「自己中」宮崎議員の超目立ちたがり屋ぶり

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   2016年2月12日の釈明会見で、週刊文春に報じられた不倫疑惑を事実と認め、議員辞職を表明した自民党の宮崎謙介衆院議員(35)。男性国会議員として初の育休取得を宣言し、これまで「イクメン議員」を売りに活動してきたが、会見では「育休宣言も売名行為ではないのか」と厳しい追及が報道陣から飛んだ。

   宮崎議員は会見で、「売名行為と捉えられてもおかしくない言動をしてしまった」と答えている。彼のこれまでの言動を振り返ると、「売名行為としか思えない自己アピール」の数々が浮き彫りになった。

  • 宮崎議員の「異常な自己アピール」にネットも呆れ(写真は2016年2月12日撮影)
    宮崎議員の「異常な自己アピール」にネットも呆れ(写真は2016年2月12日撮影)

妻の出産後のブログでも「イクメン」アピールに終始

   「妻も頑張ってくれました」――。妻の金子恵美衆議院議員(37)の出産直後となる16年2月5日朝、宮崎議員は病院の待合室でFNNの取材にこう答えた。「妻が頑張った」のではなく、「妻も」なのである。いったいなぜ、彼はこうした表現を使ったのだろうか。

   本人が同日夕に更新したブログを見ると、「妻も」という表現の意味を推察することができる。妻の出産を報告する記事にも関わらず、宮崎議員は、

「定期的に陣痛の波がくるのですが、私はひたすら妻の腰をさすりました(今日は軽く筋肉痛)」
「勉強した陣痛を軽減させるテクニックを駆使してサポートをした」

などと、自身の「イクメン」ぶりをアピールすることに必死なのだ。ブログの中では、出産直後にフィンランド大使館に行き「子育て支援策についての意見交換」をしたことも報告しているが、出産後の妻を労わるような記述は一切ない。

   自身のアピールに執着する宮崎議員の様子は、2016年2月9日放送の「みんなのニュース」(フジテレビ系)でも取り上げられた。妻の金子議員が「切迫早産の危険性があり、安静が必要」という状況にも関わらず、FNNの取材陣を自宅の中に招いていたのだ。

   番組では、エプロン姿の宮崎議員が手料理を作る姿や、すでに買い込んだという育児用品を披露するシーンなどが放送された。自宅への取材は、出産の3日前にあたる2月2日に行われたという。妻を慮ることのない行動に対して、放送中からネット上ではバッシングの声が上がっていた。

宮崎議員の育休は「パフォーマンス的な要素が強い」

   釈明会見では、週刊文春に報じられたタレント以外にも複数の女性と浮気していたことを明かした。16年2月12日放送の「バイキング」(フジテレビ系)では、元衆議院議員の東国原英夫氏(58)が、「国会の受付の女性と合コンしていた」「国会内でナンパしてる」という宮崎議員の噂を聞いたことがあるとも暴露。

   さらに、12日の「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)では、15年に行われた2人の結婚披露宴の話題が取り上げられた。政治家としては極めて異例だというフルオープン(カメラ取材など全て自由)の披露宴について、MCの宮根誠司さんは「まるで芸能人のようですね」と皮肉を述べ、「(披露宴も)パフォーマンスだったと捉えられても仕方がない」と結論付けた。

   こうした事実が次々と明かされる中で、ツイッターでは、「披露宴もイクメン云々も、全部自分を立派に見せるパフォーマンスだったんだろうなぁ」「清々しいほど薄っぺらい人間だった」などと呆れるような声が次々と上がっている。

   ネット上の指摘の通り、「育休」をめぐる宮崎議員の言動は全てパフォーマンスだったのか。作家の吉永みちこ氏(65)は16年2月12日放送の「モーニングショー」(テレビ朝日系)で、

「(育休は)とりあえず取っておこうみたいな、パフォーマンス的な要素が強いように思いました。本人と会った際に『奥さんとよく話したのか』、『夫婦一緒に休む意味があるのか』などと質問しましたが、宮崎議員は『ああ、そうですよね』といった回答で、深くは考えていないように感じました」

と明かしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中