羽田-米国便、昼間にも発着枠 米当局と合意

印刷

   国土交通省は2016年2月18日、羽田空港を昼間(6~23時)に発着する日米路線の発着枠を設けることで米航空当局と合意したと発表した。これまでは深夜早朝の時間帯に8枠が設定されていたが、16年冬ダイヤ(16年10月末~)から昼間に10枠、深夜早朝に2枠を割り振る。

   深夜早朝に羽田を出発した場合、米東海岸に到着するのも深夜早朝になるため利便性が悪く、航空各社は路線を開設してこなかった。今回の発着枠設定で、こういった状況が解消されることになる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中