2018年 10月 17日 (水)

特A米「青天の霹靂」16年産、作付面積を3倍に

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   青森県産初の「特A」米となった「青天の霹靂」の2016年産の作付予定面積が、15年産約550ヘクタールの3倍にあたる約1560ヘクタールになった。青森県が2016年2月16日に発表した。市場デビューした15年産の好調な売り上げを受けて、生産を希望する農家が増えているという。

   生産者数は2倍超の約850個人・団体になる見通しで、収穫量も約3倍の約8400トンに増える。栽培する自治体も大鰐町が加わって13市町村となる。

   青森県は、「安定的な高品質生産に向けて、きめ細やかな生産指導を徹底していく」としている。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...