2018年 8月 16日 (木)

野菜料理はゆでるより炒めよう 抗酸化力アップするオイルの「魔法」

印刷

   オリーブの実を搾り取っただけの「エキストラバージンオリーブオイル」で野菜を炒めた料理は、ゆでたものよりも野菜の抗酸化能力がアップする――。こんな研究成果が発表された

   スペインのグラナダ大学とメキシコのデル・スール・セントラル大学の研究者は、ジャガイモやトマト、ナス、カボチャを120グラムずつ、エキストラバージンオイルで揚げたり炒めたりした一方、水のみ、および水とオリーブオイルでない油を混ぜたもので別々にゆで、調理後にそれぞれを比較した。

   ルチンやクロロゲン酸といった野菜の抗酸化能力にかかわる「植物性フェノール化合物」の含有量を調べたところ、エキストラバージンオイルで揚げたり炒めたりした野菜のみが増加した。研究者は、エキストラバージンオイルが加熱された際に、野菜には含まれていないフェノール化合物が出て野菜に吸収された可能性を示唆している。

   この結果は、海外の学術誌「Food Chemistry」2015年12月号に掲載された。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中