ジェブ・ブッシュ氏、米大統領選から撤退表明

印刷

   米大統領選で共和党の候補者指名争いに立候補していたジェブ・ブッシュ元フロリダ州知事(63)が2016年2月20日(米東部時間)、選挙戦からの撤退を表明した。同日行われたサウスカロライナ州予備選では、不動産王のドナルド・トランプ氏が圧勝。マルコ・ルビオ上院議員、テッド・クルーズ上院議員が続き、ブッシュ氏は4位にとどまっていた。ブッシュ氏は、父、兄が大統領を経験し、共和党の大統領候補の本命とされた時期もあった。

   ネバダ州で行われた民主党党員集会では、ヒラリー・クリントン前国務長官がバーニー・サンダース上院議員を僅差で破って2勝目を収めた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中