2018年 8月 17日 (金)

2015年の不動産融資10兆円超 26年ぶりに過去最高でバブル期超える

印刷

   銀行による不動産業向けの新規貸し出しが2015年にバブル期を超え、26年ぶりに過去最高となったと、日本経済新聞が2016年2月21日付で報じた。日本銀行の調べによると、2015年の不動産業向け新規貸し出しは前年比6.1%増の10兆6730億円だった。日銀が量的・質的金融緩和に踏み切った後の3年で3割増えた。低金利を背景に住宅やオフィスビルの需要が底堅く、日銀の異次元の金融緩和で資金が不動産市場に流れ込んでいる。

   融資残高でも、2015年末は65兆7102億円と18年ぶりに過去最高を更新。国内銀行による融資全体の14%を占めている。信用金庫の残高は14兆4279億円だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中