2018年 8月 19日 (日)

「ベッキー!今ウチはこんな状態だ!」 ウッチャン、「イッテQ」の神対応に称賛続々

印刷

   お笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」の内村光良さん(51)が、不倫騒動で休業中のタレント・ベッキーさん(31)に出演番組内でメッセージを送ったことが話題を呼んでいる。

   「触れちゃいけない」というこわばった空気を、見事「笑い」に変え、ベッキーさんへの「エール」とした内村さんに、ネットで「さすがやで」「めっちゃ優しい」と称賛の声が広がっている。

  • ベッキーさんへの「心遣い」?(2009年撮影)
    ベッキーさんへの「心遣い」?(2009年撮影)

スタジオ大混乱の中、カメラに向かって訴える

   内村さんのメッセージは、2016年2月21日に放送されたバラエティー番組「世界の果てまでイッテQ」(日本テレビ系)で飛び出した。レギュラー出演していたベッキーさんが休業を発表してから、ちょうど2回目の放送となる。

   これまでベッキーさんが務めていたコーナー紹介の担当は前回がタレント・鈴木奈々さん(27)、今回はお笑いタレント・出川哲朗さん(52)にチェンジした。内村さんによると「ベッキーが休んでるから、スタッフと『喧々がくがく』話し合って、(出演者)1人ずつ週替わりでやっていこう」との流れになったという。

   そうした説明をした後、「哲ちゃんよろしく!」とバトンタッチ。出川さんは「はい!続いては...」と勢いよく切り出したのは良かったものの、コーナータイトル「あの伝説の男 マジシャン出川が帰ってきた」を「あの伝説の男『が』 マジシャン出川が帰ってきた」と痛恨の読み間違いをしてしまう。

   出演者総立ちでスタジオが大混乱になる中、内村さんは「ベッキー!今ウチはこんな状態だ!」と真剣なまなざしでカメラを見ながら訴えかけた。出川さんも「ベッキーごめんなさい!」と手を合わせて謝った。

あえてイジって「居なかったこと」にしない

   これまで出演していた番組では共演者らも固く口を閉ざし、まるで「もともと居なかった」かのような扱いを受けているベッキーさん。しかし、内村さんはそこをあえてイジって「居なかったこと」にせず、巧みに笑いへと転化させた。

   ツイッターではそんな内村さんの対応について

「優しさを感じる」
「(ベッキーさんの)居場所を残そうとしてる」
「神対応」
「グッときた」

と称賛の声が相次いでいる。また、このシーンをカットせずに放送した番組スタッフにも「懐の深さを感じた」と好意的な反応が寄せられた。

   実は内村さん、不倫騒動後のベッキーさんについて触れるのはこれで2回目。16年2月17日に東京都内のイベントに出席した際は、「戦っていると思います。ファイト!」とエールを送っていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック