2018年 8月 20日 (月)

東海道新幹線、客室内で常時録画スタート

印刷

   JR東海は2016年2月23日、東海道・山陽新幹線の客室内を防犯カメラで常時録画する取り組みを始めた。15年6月の新幹線車内で起きた放火事故を受けた安全対策の一環で、客室内のドア付近に新たにカメラを設置し、すでにカメラを設置していたデッキ部分も台数を増やした。

   現時点で客室が常時録画されているのは1編成のみだが、17年度末までにJR東海の新幹線車両の9割に広げる予定。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中