2018年 11月 13日 (火)

JAL機エンジンから煙 新千歳空港で乗客が緊急脱出

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   2016年2月23日午後、新千歳空港を出発した日本航空(JAL)機のエンジンから煙が出て、乗客を緊急脱出させるトラブルがあった。トラブルが起きたのは新千歳発福岡行きのJL3512便(ボーイング737-800型機、乗員乗客165人)。ゲートを離れて滑走路に向かったが雪で離陸できず、旅客ターミナル戻ろうと誘導路を走行していた15時10分頃、右エンジンから煙が出ていたため、脱出シューターを使って乗客を脱出させた。そのうち、脱出の際に腰の痛みを訴えている人もいるという。JALなどが煙が出た原因を調べている。

   シューターを使って乗客を脱出させるのはきわめて異例。最近では、13年6月に全日空(ANA)のボーイング787型機で飛行中に機内から煙が発生し、高松空港に緊急着陸して脱出させた例がある。

転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

20181031_kaidan2.png
【プレゼント企画実施中】秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中