TBS社長、高市「電波停止」発言を牽制 「あってはならないこと」

印刷

   高市早苗総務相が政治的公平性を欠いた番組を放送する放送局に電波停止を命じる可能性に言及した問題について、TBSの武田信二社長は2016年2月24日の記者会見で「命令が出ることはあってはならないと思う」と牽制した。

   国会で議論された放送法4条「政治的公平」の解釈について「同法の趣旨は法律に沿って放送局が自主自律の放送を行うものだと認識している。その姿勢で放送してきたし、それはこれまでと変わらない。番組内容についての行政指導や処分も望ましくないという見解も変わっていない」と強調。

   一方、視聴者団体「放送法遵守を求める視聴者の会」が15年11月、報道番組「NEWS23」(TBS系)で司会を務める毎日新聞特別編集委員、岸井成格氏の発言が同条に反すると指摘したことについては「それはそれで、一つの意見だと承っております」と述べた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中