大阪・梅田の繁華街で歩道に車突っ込む 死傷者10人以上

印刷

   2016年2月25日午後0時半ごろ、大阪市北区芝田の国道交差点で乗用車が歩道に突っ込む事故が発生した。この事故でけがをした計11人が病院へ搬送され、歩行者の50代男性と車を運転していた50代男性の2人が死亡。20代の女性1人が心肺停止状態となっている。

   現場はJR大阪駅の北側に位置し、大型の家電量販店やホテル、商業施設が立ち並ぶ人通りの多い場所。車は西からスピードを落とさず交差点に侵入し、歩道に乗り上げた。次々に歩行者をはねた後、大阪新阪急ホテル前の花壇に突っ込んで停止した。車には50代男性が1人で乗っていたという。曽根崎署はけが人の身元や事故原因を調べている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中