2019年 1月 16日 (水)

川崎の男子高校生「ジカ熱」感染 ブラジルから帰国

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   厚生労働省と川崎市は2016年2月25日、ブラジルから帰国した市内の10代の男子高校生が「ジカ熱」と診断されたと発表した。国内で感染者が確認されたのは、これで4例目。世界保健機関(WHO)が中南米での流行拡大を受けて緊急事態宣言をした2月1日以降は初めてとなる。

   厚労省などによると、男子生徒は2月9日から20日にかけてブラジルに滞在し、22日に帰国した。20日に発熱し、22日には発疹が出たため、医療機関を受診。25日に国立感染症研究所のウイルス検査で感染が確認された。すでに熱は下がり、自宅で療養しているという。

   ジカ熱は、ジカウイルスを持つ蚊によって媒介される感染症。8割は症状が出ないとされるが、妊婦が感染すると、小頭症の子どもが生まれる可能性があると指摘されている。

   厚労省の担当課長は25日夜の記者会見で、「現在、国内は蚊の活動期ではないため、国内で感染が拡大するリスクは極めて低い」と説明。流行地への渡航時は蚊に刺されないよう肌の露出を避け、妊婦は渡航を控えるよう呼びかけた。

20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中