2019年 6月 17日 (月)

アベノミクス「評価しない」が57% 読売新聞世論調査

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   読売新聞社が2016年1~2月にかけて行った世論調査(郵送形式)で、安倍内閣の経済政策「アベノミクス」について「評価しない」と回答した人が全体の57%で、「評価する」の42%を上回った。2016年2月26日の朝刊で発表された。

   「評価しないと答えた理由」(複数回答可)は、「収入が増えない」が60%トップで、ほかに「経済格差が広がった」(55%)、「物価が上昇した」(46%)などが挙がった。一方、「評価すると答えた理由」(同)については、「大企業を中心に業績が改善した」の44%が最多だった。

   また、景気回復を「実感していない」と答えた人は84%で、「実感している」の16%を大きく上回った。今後の景気回復を「期待できる」と答えた人も34%にとどまった。

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中