2018年 7月 19日 (木)

ふくおかFGと十八銀行、経営統合合意 最大の地銀グループに

印刷

   九州最大の地方銀行グループ、ふくおかフィナンシャルグループ(FG、福岡市)と、長崎県を地盤とする十八銀行(長崎市)は、2016年2月26日に開いたそれぞれの取締役会で、経営統合の実現を目指すことで協議することで基本合意した。2017年4月をめどに経営統合する。実現すれば、グループの連結資産規模は18兆4428億円(15年3月期の単純合算)となり、国内最大の地銀グループが誕生することになる。

   ふくおかFGは傘下に福岡銀行、親和銀行(長崎県佐世保市)、熊本銀行を持つ。十八銀行はふくおかFG傘下に入り、18年4月をめどに親和銀行と合併する方向で調整する。

   地方の人口減少などで地銀を取り巻く経営環境は厳しくなっており、経営統合によってスケールメリットを生かした業務の効率化を進め、九州の地域経済の活性化を目指すとしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中