2019年 1月 16日 (水)

1月の有効求人倍率、1.28倍 24年ぶり水準 失業率は3.2%に改善

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   厚生労働省が2016年3月1日に発表した1月の有効求人倍率(季節調整値)は、前月比0.01ポイント上昇の1.28倍となり、1991年12月(1.31倍)以来、約24年ぶりの高水準となった。企業の求人は1.6%減ったものの、求職者は2.1%減少で企業の求人を上回った。

   雇用の先行指標とされる新規求人倍率は0.17ポイント上昇の2.07倍で、91年6月以来ほぼ24年ぶりの高さ。正社員の有効求人倍率は前月と同じ0.80倍で、2004年11月の調査開始以来の最高水準を維持した。

   厚労省は雇用情勢について、「着実に改善が進んでいる」との見方を示した。 一方、総務省が同日発表した1月の労働力調査によると、完全失業率(季節調整値)は3.2%で、前月から0.1ポイント低下した。雇用情勢について、総務省は「引き続き改善傾向で推移している」としている。

   完全失業率を男女別にみると、男性が前月比0.2ポイント低下の3.4%、女性が横ばいの2.9%だった。完全失業者数は前月比9万人減の212万人。このうち、勤務先の都合や定年退職など「非自発的な離職」は1万人増、「自発的な離職」は6万人減だった。

   就業者数は6458万人で前月から61万人増加した。雇用者数も50万人増の5725万人となった。

20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中