2018年 12月 12日 (水)

若者も高血圧へまっしぐら 「1日5杯の酒」が招く恐怖

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   いくら若いからといって、羽目を外して一気に飲み過ぎる習慣を続けると、将来的に後悔することになるかもしれない。

   カナダのモントリオール大学の研究チームが、1日に5杯以上の「大量飲酒」を月に1回でもすると高血圧のリスクが高まるという研究をまとめ、米の青年健康学誌「Journal of Adolescent Health」2016年3月号に発表した。

「月に1回」でも影響あり

   欧米の予防医学の分野では、1回で5杯以上のアルコール飲料を飲むことを「大量飲酒」と定義している。ちなみに、日本の厚生労働省では「多量飲酒」と呼び、「1回平均60グラム以上のアルコール量」と定義する。こちらは、ビール中ビン3本分、日本酒3合弱以上に相当する。

   若い人の血圧は、カナダの基準では収縮期(高い値)で104程度が正常とされ、120~139は高血圧前症、140以上は高血圧と診断される。

   研究チームは、20~24歳の時点で日々の飲酒量データを含む健康記録がある男女756人を対象に、大量飲酒が血圧に及ぼす影響を調べた。その結果、大量飲酒をしない人に比べ、月1回する人は平均で2.6ポイント、週1回する人は4ポイント高かった。また、20歳の時点で大量飲酒を繰り返した人は、24歳の時点でも85%が続けていた。そして毎年1ポイントずつ血圧が上昇していた。

   こうした結果から同大のジェニファー・オラフリン教授は「日常的に大量飲酒をしている若者は、長期的な健康の見通しがかなり厳しいと言わざるをえません。いずれ高血圧になるのは目に見えています」とコメントしている。

iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中