2018年 10月 21日 (日)

若者も高血圧へまっしぐら 「1日5杯の酒」が招く恐怖

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   いくら若いからといって、羽目を外して一気に飲み過ぎる習慣を続けると、将来的に後悔することになるかもしれない。

   カナダのモントリオール大学の研究チームが、1日に5杯以上の「大量飲酒」を月に1回でもすると高血圧のリスクが高まるという研究をまとめ、米の青年健康学誌「Journal of Adolescent Health」2016年3月号に発表した。

「月に1回」でも影響あり

   欧米の予防医学の分野では、1回で5杯以上のアルコール飲料を飲むことを「大量飲酒」と定義している。ちなみに、日本の厚生労働省では「多量飲酒」と呼び、「1回平均60グラム以上のアルコール量」と定義する。こちらは、ビール中ビン3本分、日本酒3合弱以上に相当する。

   若い人の血圧は、カナダの基準では収縮期(高い値)で104程度が正常とされ、120~139は高血圧前症、140以上は高血圧と診断される。

   研究チームは、20~24歳の時点で日々の飲酒量データを含む健康記録がある男女756人を対象に、大量飲酒が血圧に及ぼす影響を調べた。その結果、大量飲酒をしない人に比べ、月1回する人は平均で2.6ポイント、週1回する人は4ポイント高かった。また、20歳の時点で大量飲酒を繰り返した人は、24歳の時点でも85%が続けていた。そして毎年1ポイントずつ血圧が上昇していた。

   こうした結果から同大のジェニファー・オラフリン教授は「日常的に大量飲酒をしている若者は、長期的な健康の見通しがかなり厳しいと言わざるをえません。いずれ高血圧になるのは目に見えています」とコメントしている。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-salon.png
【初心者大歓迎】アナログゲームイベント開催決定!

脳の普段使わない部分が活性化される感覚を味わう。初めて会う人とも盛り上がり、ついつい声まででてしまう。そんなアナログゲームの楽しさを体験しに来てください!

PR 2018/10/19

姉妹サイト
    loading...