2022年 5月 19日 (木)

「あ~、い~、う~」でインフルを撃退 手軽にできる「口の体操」の驚異の効果

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

【あさイチ】(NHK)2016年2月25日放送
「インフルエンザ対策に『あいうべ体操』」

   インフルエンザが2月に入り猛威をふるっている。205万人の患者は過去10年間で2番目の多さだ。

   ところが、福岡県春日市の須玖小学校では、6年前にある体操を始めてからインフルエンザにかかる児童が激減した。インフルエンザによる学級閉鎖がゼロになったというのだ。

  • 「べ~」の発声で思いっきり舌を突き出す(写真はイメージです)
    「べ~」の発声で思いっきり舌を突き出す(写真はイメージです)
  • 「べ~」の発声で思いっきり舌を突き出す(写真はイメージです)

舌を思いっきり突出してウイルスにあかんべ~

   中谷文彦アナが現地に飛んだ。さっそく、給食の前に教室で行なわれている、その「あいうべ体操」なるものを見学する。やりかたはこうである。

   「あ~」「い~」「う~」「べ~」と思いっきり口を大きく開けて、発声練習を繰り返すのだ。特に大事なのは「べ~」の発声動作。べろ、つまり舌をいっぱいに突き出して発音する。中谷アナも参加してやってみる。プロのアナウンサーだから発声練習はお手のものだが、「コレ、結構きついね。口が疲れます」。

   そう、この体操は口の周りの筋肉を鍛え、口を閉じやすくして鼻呼吸を促すトレーニングが目的なのだ。中谷アナは廊下から授業中の様子をのぞく。

中谷アナ「確かにみんな、しっかり口を閉じて鼻呼吸をしていますよ。口を開けている子は5人だけですね」

   同小学校の養護教諭・原尾真美さんが語る。

「6年前はインフルエンザにかかる子が37.5%もいましたが、昨年は7.2%に減りました。私も通勤途中に『あいうべ体操』していますよ」
中谷アナ「ええっ! 電車の中で『べ~』って舌を出しているんですか?」
原尾教諭「いえ、車で通勤していますから」

   中谷アナは「あいうべ体操」を考案した福岡市博多区の「みらいクリニック」の今井一彰院長を訪ねた。

中谷アナ「鼻呼吸がなぜインフルエンザの予防にいいのでしょうか?」
今井院長「鼻は、乾燥した空気を暖め、うるおして、鼻の中の毛や粘膜のフィルターを通してキレイにして取り込みます。ところが、口では空気を暖められないし、キレイにもできません。ウイルスを直接吸い込んで、体の中の細胞にダメージを与えてしまうのです」
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中