2018年 9月 20日 (木)

「生活保護世帯」1951年以降で最多を記録 約半数は高齢者世帯

印刷

   厚生労働省は2016年3月2日、15年12月に生活保護を受給した世帯が163万4185世帯だったと発表した。前月よりも1965世帯増えて、過去最多を更新。受給者も前月より1210人増え、216万5585人となった。統計を取り始めた1951年以降で最も多くなった。

   受給者の約半数を占める高齢者世帯が増えたのが原因。受給世帯の内訳は高齢者が80万5723世帯で、傷病・障害者は44万4021世帯、母子は10万4922世帯、その他失業者のいる世帯などは27万1037世帯となっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中