大塚家具、勝久前会長が主要株主はずれる

印刷

   大塚家具は、創業者で大塚久美子社長の父、大塚勝久前会長が主要株主に該当しなくなったと、2016年3月2日に発表した。勝久前会長は2日までに5万株を売却。保有比率は議決権ベースで10.00%から9.73%に低下した。

   勝久前会長は15年8月から大塚家具の株の売却を進めており、15年末までに163万株あまりを売った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中