NHK朝ドラ「あさが来た」 21世紀最高視聴率に期待感

印刷

   NHKの連続テレビ小説「あさが来た」の視聴率が好調だ。デイリースポーツの2016年3月3日配信記事によると、大阪放送局の正籬聡局長は、同日の定例会見で「関東地区の数字は21世紀に入って(連続テレビ小説のうち)1、2位を争う高水準できている」と述べ、「このまま、今世紀最高になっていただければ」と期待感を示したという。

   現時点での最高視聴率は15年12月4日放送時の27.2%。2013年に放送され、大ブームとなった「あまちゃん」の最高視聴率27.0%も上回っている(いずれもビデオリサーチ調べ、関東地区)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中