2018年 12月 10日 (月)

「脂肪を燃焼」効果高める 新タンパク質を発見

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   自然科学研究機構生理学研究所(愛知県岡崎市)の富永真琴教授らの研究チームは2016年2月25日、脂肪を燃焼させる効果を高める新たなタンパク質を発見したと発表した。

   「TRPV2チャネル」と名付けられたこのタンパク質、肥満解消やメタボリックシンドロームの治療に期待できるという。

働きをコントロールすると・・・

   脂肪細胞には、いわゆる皮下脂肪や内臓脂肪になる「白色脂肪細胞」と、「褐色脂肪細胞」の2種類がある。両者は同じ脂肪細胞でもまったく反対の働きをする。白色脂肪細胞が脂肪を蓄え肥満の原因となるのに対し、褐色脂肪細胞は脂肪を分解して熱に変えることで体温を調節するのだ。

   これまでは、褐色脂肪細胞の中にある「UCP1」というタンパク質が脂肪を燃焼させることは知られていたが、富永教授らは働きが不明だった「TRPV2チャネル」に注目。「TRPV2チャネル」を持つマウスと持たないマウスとで実験を繰り返した結果、このタンパク質が燃焼効果を高めていることを解明した。

   富永教授は「TRPV2チャネルの働きをコントロールすると脂肪の燃焼効果が高まるので、治療薬に使えば肥満の改善に役立ちます」とコメントしている。

iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中