2018年 10月 20日 (土)

難病「筋ジストロフィー」の原因発見 治療薬の開発に期待が高まる

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   どんどん筋力が低下していく進行性の難病「筋ジストロフィー」の発症原因の1つを発見したと2016年2月26日、神戸大学が発表した。

   治療法の開発が期待できるという。論文は、米科学誌「セル・リポーツ」(電子版)の2月25日号に掲載された。

   筋ジストロフィーは、筋繊維が次第に萎縮していく遺伝性の病気で、国から難病指定を受けている。ほとんど歩行不能の重症になる場合が多く、国内の患者は約2万5000人といわれる。

   神戸大の戸田達史教授らのチームは、これまで発症原因とみられていた筋細胞表面のタンパク質「ジストログリカン」と結合する糖鎖の構造を明らかにした。そして、その中に、バクテリアや植物にしか存在が確認されていなかった「リビトールリン酸」と呼ばれる糖が人間にも存在することを発見した。

   筋ジストロフィー患者の糖鎖には、リビトールリン酸が不足していた。そこでリビトールリン酸の原料となる物質を、患者のモデル細胞に投与すると、リビトールリン酸が合成されて糖鎖の異常が回復したという。

   戸田教授は「原因不明だった筋ジストロフィーの発症の仕組みがわかりました。治療薬の開発に拍車がかかります」とコメントしている。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-salon.png
【初心者大歓迎】アナログゲームイベント開催決定!

脳の普段使わない部分が活性化される感覚を味わう。初めて会う人とも盛り上がり、ついつい声まででてしまう。そんなアナログゲームの楽しさを体験しに来てください!

PR 2018/10/19

姉妹サイト
    loading...