2018年 12月 19日 (水)

難病「筋ジストロフィー」の原因発見 治療薬の開発に期待が高まる

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   どんどん筋力が低下していく進行性の難病「筋ジストロフィー」の発症原因の1つを発見したと2016年2月26日、神戸大学が発表した。

   治療法の開発が期待できるという。論文は、米科学誌「セル・リポーツ」(電子版)の2月25日号に掲載された。

   筋ジストロフィーは、筋繊維が次第に萎縮していく遺伝性の病気で、国から難病指定を受けている。ほとんど歩行不能の重症になる場合が多く、国内の患者は約2万5000人といわれる。

   神戸大の戸田達史教授らのチームは、これまで発症原因とみられていた筋細胞表面のタンパク質「ジストログリカン」と結合する糖鎖の構造を明らかにした。そして、その中に、バクテリアや植物にしか存在が確認されていなかった「リビトールリン酸」と呼ばれる糖が人間にも存在することを発見した。

   筋ジストロフィー患者の糖鎖には、リビトールリン酸が不足していた。そこでリビトールリン酸の原料となる物質を、患者のモデル細胞に投与すると、リビトールリン酸が合成されて糖鎖の異常が回復したという。

   戸田教授は「原因不明だった筋ジストロフィーの発症の仕組みがわかりました。治療薬の開発に拍車がかかります」とコメントしている。

iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中