狩野英孝のナンパ本に「アンサー本書く!」 息巻く加藤紗里だが「売れると思う?」とネット冷やか

印刷

   タレントの加藤紗里さん(25)が2016年3月6日、「サンデー・ジャポン」(TBS系)にスタジオゲストで出演し、狩野英孝さん(34)に別れを告げたものの狩野さんからは「ノーアンサー」であることを明かした。

   さらに一部で報じられている狩野さんの「ナンパ本」出版について、これが実現したら「アンサー本を出す」と徹底抗戦の構えを見せたものの、ネットユーザーは「興味ない」「売れると思う?」などと白けた反応だ。

  • 破局宣言に対して狩野さんからは「ノーアンサー」と言う加藤さん(画像は加藤さんのブログのスクリーンショット)
    破局宣言に対して狩野さんからは「ノーアンサー」と言う加藤さん(画像は加藤さんのブログのスクリーンショット)

「ゲスすぎる」と狩野を猛批判

   加藤さんは3月5日放送の「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)で「はい、破局しまーす」と明言し、「サンジャポ」ではこの発言を取り上げて話が進んだ。加藤さんは「『破局する』と(狩野さんに)宣言したものの、ノーアンサーなんです」と明かし、「『連絡を取るなと言われてる』って子どもみたいなこと言ってた。たぶん大人の方々に指示されてる」と狩野さんを非難。はっきりしない態度に業を煮やした加藤さんは「こっちも連絡されたらムカついて感情的になっちゃうのでブロックしました。もうたぶん会わない」と、自ら関係を断ったそうだ。

   「6股7角関係」などとして次々に女性関係が明らかになっている狩野さんだが、その口説き術をまとめた「ナンパ本」の出版が一部で取り沙汰されている。これについて加藤さんは、2月29日にツイッターで「歩く生殖器に告ぐ... こんなもの(編注:ナンパ本)出したら蹴り飛ばすくらいじゃ済まさないから笑 歩く着火剤より」と投稿したことに続き、サンジャポでも改めて「本当に出したら蹴り飛ばす。あり得なくないですか?ゲスすぎる」と猛批判。さらに「逆にアンサー本を出す」とまで発言した。

「プライバシー切り売りするのもいい加減にしろ」

   怒りの加藤さんだが、ネットの反応は冷やかだ。

「アンサー本出して、売れると思う?」
「どうでもいい」
「本だしても誰も興味ない」
「未練たらたらちゃらちゃらすんの終わりにせーや」
「二人ともプライバシー切り売りするのもいい加減にしておけよ」

と突き放す声が多く出ている。メディアへの露出を増やす加藤さんを、騒動に乗じて「売名行為」をしていると指摘する声が相次いでおり、そう感じたネットユーザーは「もう飽き飽き」と白けてしまっているようだ。

   番組でも、この日加藤さんは薬指に指輪をつけて出演したが、理由は「新しい恋人がいると思ってほしいから」。これにはスタジオのテリー伊藤さん(66)や西川史子さん(44)からも「売名じゃないか」と相次いで指摘されていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中