2018年 10月 23日 (火)

ドコモ、無料解約期間を2か月に延長 「2年縛り」の改善策

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   NTTドコモは2016年3月7日、いわゆる契約期間の「2年縛り」をめぐり、無料で解約できる期間を従来の1か月から2か月に延長すると発表した。16年2月に契約を満了した利用者から適用する。

   「2年縛り」は契約時に示される2年の契約期間、そして期間内の解約に違約金が発生する状況を意味する言葉。事実上、携帯大手による利用者の「囲い込み策」として機能している。これまで2年間の契約は自動更新され、無料解約できる期間も契約が満了する月の翌月1か月間だけだった。

   今回の変更が適用されると、2月に契約満了を迎える利用者は3月に加え4月も無料で解約できる。各紙報道によると、ドコモのほか、KDDI(au)とソフトバンクも無料で解約できる期間を2か月に延ばす方針だという。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...